今注目されている人気のブルーベリーサプリを取り寄せて比較・評価したランキングサイト

ブルーベリーの種類

ブルーベリーサプリメントの選び方
ブルーベリーについて
ブルーベリーの
商品力ランキング
ブルーベリーの豆知識
ブルーベリーサプリの
上手な選び方
ブルーベリーのサプリメントは現在、数多くのメーカーにて種類がありますが、その中で選ぶポイントは大きく分けて「価格」「続けやすさ」「アントシアニン量」の3つに分かれます。
価 格
価格は商品1個の価格を基本見がちですが、サプリメントですので最終的には続けられやすい価格、すなわち定期コースなどでの割引率がとても重要になってきます。
各メーカーによってその割引率も違いますので、お得に続けたい方は1日○円と計算してみて納得がいくサプリメントを選ぶとよいですよ。
続けやすさ
2つ目は、いかに続けられやすいか。それは上記の価格もそうですが、サプリメント1粒1粒の大きさや1日に何粒摂取すればよいかが大きなポイントになってきます。
多すぎると飲みたくなくなる、かといって少なすぎるとちゃんと摂取できてるのか不安になってしまう。自分に合った粒の大きさなども見つかると思いますので、一度メーカーに問い合わせてみることをオススメします。
アントシアニン量
3つ目はなんといっても「アントシアニン」です。最も良いとされるのがこの栄養素。
ブルーベリーは多く摂取しすぎても体に負担にはなりませんので、できるだけ1日に摂取できる量が多いものを選ぶとよいです。
プロフィール
ブルーベリーの主な成分
アントシアニン ビタミンA ビタミンC ビタミンE カリウム 食物繊維 βカロテン 亜鉛

ブルーベリーの種類


ビルベリー

北欧の代表的な野生種で、果実の直径は6〜8mm。果肉が軟らかく、酸味が強いのが特徴です。ブルーベリーと節が異なるので厳密にはブルーベリーとは区別されることもありますが、生育状態や粒の大きさなど似ている部分が多いため、一般にローブッシュブルーベリーの仲間として扱われます。
ビルベリーは果肉の中まで色素が濃い品種であり、青紫色の天然色素「アントシアニン」の含有量が非常に多く、医薬品やサプリメントにエキスとして利用されています。

ローブッシュブルーベリー

野生種(ワイルド)ブルーベリーとも呼ばれ、アメリカ・カナダに自生しています。いくつかの品種が日本にも出回っていますが、まだほとんど栽培されていません。
樹高は15〜40cmと低いのが特徴。果実は小さいが、加工に適しているため、ジャムやソース、ドライフルーツなどのほとんどはこのローブッシュブルーベリーからつくられています。

ハイブッシュブルーベリー

アメリカ北東部に自生していたものを品種改良した栽培種ブルーベリーの一種で、樹高は1〜2m。主に生食用として栽培され、果実が大きいのが特徴(果実の直径は1〜1.7cm)。
寒冷地や高冷地でよく育ち、日本でも北海道、東北、関東、北陸などで栽培されています。 生育には、有機質の多い砂土壌で保水性のある強酸性の土壌が適しています。

ラビットアイブルーベリー

栽培種ブルーベリーの一種。成熟前の果実がうさぎの目のようなピンク色になるためこう呼ばれる。果実はハイブッシュ種よりやや小ぶりで、成長は早いが、耐寒性は低く、寒冷地では凍害を受けてしまいます。
日本では関東南部から中部、中国、四国、九州で多く栽培されています。砂質土壌から粘質土壌まで、ハイブッシュ種よりも広い土壌に適応し、樹高は1.5〜3m以上にもなります。


Copyright c ブルーベリーサプリメントの選び方. all rights reserved.